設計・施工|渡辺商事株式会社

設計・施工の確かな知識と技術

建物には用途に応じて法律で定められた様々な消防設備等が必要となります。
具体的には火災をいち早く発見、消火、避難するための自動火災報知設備、消火器や消火栓、誘導灯や誘導標識などがあります。
これらはただ設置すれば良いというものではなく適切な場所を選定することも重要です。
当社では、消防法に基づき、消防設備全般の図面作成や設計のお手伝いをさせて頂いております。
新築建造物はもちろん、建物の改装や用途変更の際にはぜひ当社にご相談ください。
設計から施工まで有資格者がお手伝いさせて頂きます。

   
 

施工

消火設備 ■消火器具
屋内、屋外消火栓設備
スプリンクラー設備
泡、ガス、粉末消火設備
連結送水管
 その他消火設備全般
消火器1本から大規模施設の消火設備まで幅広く対応しており、多種多様な消火設備の施工実績がございます。
消火設備全般の施工が可能です。
警報、避難設備 自動火災報知設備
■非常警報器具及び設備
■避難器具
■誘導灯及び誘導標識
■防排煙設備
 その他警報、避難設備全般
自動火災報知設備、避難器具、誘導灯など警報、避難設備の新設はもとより古くなった機器のリニューアルも多くの施工実績がございます。
警報、避難設備全般の施工が可能です。
 
   
 

施工例 火災受信機交換

火災受信機を交換しました。

本件は、古くなり補修部品の供給が困難になったため、受信機を交換しました。
受信機は、24時間休まず警戒監視をしているため、電気、電子機器が時間と共に劣化します。定期的な点検や整備で維持できる期間にも限界があり、また補修部品の供給期間にも限りがあります。
故障し交換するまでの間、未監視状態になってしまうことが無いよう計画的に交換をすることが重要です。
現在の受信機は表示も大きく見やすくなり、音声ガイダンスや自動試験機能など多種多様な機能がついている商品もあります。予算や管理体制などお客様のニーズに合わせご提案致します。
  
 

施工例 消火ポンプ更新工事

消火ポンプの更新工事を実施しました。

本件は、機器の納期が長くかかることが予め予測できましたので、以前から更新に必要な予算計上をお願いしており、経年劣化が進み整備できない部分がでてきたため更新工事を実施しました。
一般的には、ポンプ室に設置されているとが多いのですが、本件のポンプは屋外に設置されていましたので経年劣化の進行も早くメンテナンス費用が大きく発生しておりました。新たに設置するポンプはポンプ室に設置したいとの要望もあり「キュービクル型消火ポンプユニット」を採用しました。
消火ポンプは、スプリンクラー設備、屋内外消火栓設備、泡消火設備などで使用される構成機器の一つであり、設備の種類や規模に応じて適正なポンプを選定します。設置スペースを考慮したコンパクトなタイプから水槽とポンプ室が一体になった便利なものまで幅広く商品展開されております。設置環境、規模に応じて適正な機器をご提案致します。
  

 

施工例 消火栓格納箱交換

消火栓格納箱を交換しました。

本件は、消火栓格納箱が屋外に設置されており、錆が酷く扉の開閉が困難になってしまいました。
設置環境を考慮し、錆に強いステンレス製の格納箱に交換しました。
錆対策は、材質を錆びに強いステンレス製にする以外にも、塗料で対策することもできます。風が強い地域では、扉が勝手に開いてしまうトラブルをよく目にしますが、風に強い留具に変更することもできます。その他、特殊な形状、カラーにも対応可能です。
お客様のニーズに合わせてご提案させていただきます。
  

 

施工例 連結送水管改修工事

連結送水管の改修工事を実施しました。

本件は、連結送水管の耐圧試験を実施した結果、老朽化により目視不可能な埋設配管で漏水していることが発覚しました。
漏水箇所を特定するために調査しましたが、部分改修が不可能な場所でしたので、送水口の位置、配管の経路を変更し立主管までの改修工事を実施しました。
建物の景観を気にされて、配管を土中に埋設することを望まれる場合もありますが、露出配管と比較した場合、費用が割高になるケースが多くみられます。費用を抑え露出配管にした場合でも塗装で外壁の色と合わせることで違和感を和らげる方法もあります。
連結送水管は有事の際、消防隊が実際に使用するものですので、工事前に所轄消防との打合せが重要になります。ご提案書の作成、所轄消防との打合せも弊社で対応致します。
      
 

施工の流れ

 
ご相談 お客様と協議し、設計の目的やお客様のニーズをお聞き致します。
         
お見積 現場調査、図面等に基づきお見積を作成し提出致します。
         
打ち合わせ
一定以上の規模の改修工事を行う場合、消防署へ着工届の提出が必要となります。その場合、必要図面等をご用意頂き届出書に捺印等を頂きます。
その後、所轄消防署に着工届を提出し受理後に施工となります。
         
施工
施工完了後、設置届を作成の上所轄消防署へ提出し消防検査の日程を決めます。
※指摘事項が発生した際には速やかに是正致します。
         
消防検査 決定した日時に所轄消防署の消防検査を実施致します。検査完了後
検査済証の交付をもって設置の完了となります。
※軽微な工事の場合は消防検査が省略されることもあります。